消防設備点検を行いました

今日はSHVETS RESIDENCEⅡの消防設備点検の日

法律で定められた法定点検として年に2回行なっています


最初にベランダにある避難はしごの点検です


避難はしごの蓋を開けるところ



開けると中央に赤い【押す・PUSH】のボタンがあるのですが

もしもの時はここを押せばはしごが下へ降ります

今日は点検なのでフックを回して降ろしています



赤色の【押す】のボタン




フックを回してはしごを降ろしたところ

 


さらに【はしご】の下に物があったら降りれないので、何も無いか、確認します

【避難はしご】の上や下の位置に物が置かれていると、もしもの時に大変なので

ご入居の皆さんは絶対に置かないで下さいね!!





次は室内の火災警報機の点検です

天井に付いているので長い棒で点検するのですが

下に穴が開いているのが煙で感知する機種で


煙感知器



穴が無いのが熱で感知する一般的な形です

熱感知器



ちなみにキッチンや脱衣室などは防水型の感知器を利用するそうです

防水型の熱感知器



ここに棒の先に筒が付いている物を被せると

筒の中が熱くなっているので感知器が熱を感知し音が鳴るのです

鳴ればOK・鳴らなかったら故障と言うことになります



このように



筒の中はこんな感じ  手を翳すと暖かいです




また、SHVETS RESIDENCEⅡにはモニター付の警報盤があるので

火災の時は下のような絵がモニターに出ます



火災のマークが出たところ




さらに受信盤の点検です


火災受信盤



下部にバッテリーが入っているのですが

中央の数字を確認して20以下になっていなければ大丈夫

以下になっていたらバッテリーの交換です



表示





以上

今日の点検は終わり・何も異常無しで完了です

めでたし・めでたし