【 FinS tower 櫻 】こだわりのエントランス!

完成間近の「FinS tower 櫻」。

最後の外構やエントランスまわりの仕上げ工事などが進み、マンションの全容が整いつつあります。

 そこで今回はエントランスまわりの「こだわり」をお見せしたいと思います。

 

まずはアプローチ。

大きく張り出したキャノピーにマンション名「FinS tower 櫻」のサインがLEDにより淡く浮かび上がります。

ローマ字フォントは「Optima」。独特の美しいフォルムは、定番のお気に入りです。

今回、お施主様の思い入れで、マンション名に漢字を取り入れ、ローマ字フォントとのバランスに苦慮しました。

 

 

 

エントランスに入ると正面に重厚なデザインウォール。

数種類の大理石を組み合わせ、LED照明により来訪者をやさしく迎え入れます。

 エントランス

エントランス~ロビー

 

 

このデザインウォール、ただのオブジェではありません。

裏手に廻ると集合ポストや宅配ボックス、掲示板などがあり、雑然さを無くす他、外からのぞき見られるのを防ぐ役割も担っています。

暗証ボタン式の集合ポスト。

 

セキュリティの高いカード式の宅配ボックス。

 

掲示板は従来のタイプと電子掲示板を設置。ディスプレイは普段屋上の太陽光パネルによる発電状況を表示しています。

 

浮かび上がるようなデザインのオートロック操作盤。

 

オートロックを抜けると、開放的な吹き抜けのエントランスロビーへと導かれます。

一度屋外に出たかのような錯覚に陥るほど、広々とした空間です。

 

2階部分まで吹き抜ける、開放的なサブエントランスホール

 サブエントランス

サブエントランス

2F EVホールからの眺め

 

この照明、おもしろいでしょう。

ルイス・ポールセンの「エニグマ」という照明です。

デンマークの一流照明メーカーなんですが、実はこの照明、日本人(内山章一氏)がデザインしたんです!

室内用の大きさのシリーズもあるので、気に入った方は是非ご検討を(高いけど。。。)

柱のブラケット照明は、フランク・ロイド・ライトの「ロビー1」というものです。

 

色々なデザイン照明のコラボレーションが目を楽しませます。

 

その他も細部までこだわったサインやライトアップなど、見所がたくさん。

こだわりある建物に興味のある方には、たまらない物件だと思います。

是非現地にてご覧ください。

 

ごみ収集所のサインもこだわります!

 

外から2階店舗へ上がるアプローチ

 

 

 

 

 最上階角部屋「901号室」の募集詳細は「こちら」より

http://sumikaerabi.jp/14273-entry.html

 書斎付き「902号室」の募集詳細は「こちら」より

 http://sumikaerabi.jp/14345-entry.html